いちご苗を畑に植える!腰痛い。

こんにちは!

先日検鏡(いちご苗の成長点を顕微鏡で見て、花芽が分化しているか確認する作業)に行ってきました😃
そしたら、とちおとめの一部はもう花芽が分化していた!

ここ最近、特に夜の気温が下がってきたので、花芽ができてきたみたいです。

花芽ができるとどうするかというと..

そう!苗を畑に植えます!
今年も少し早いですが、定植の季節がやってきました。

苗を運んで畝の上に並べたら..

ひたすら植える!

この姿勢!涙
腰にくるー😭

この写真のハウスはビニールをはってませんが、ビニールをはってあるハウスだと、
今日みたいに涼しい日でもサウナみたいで、
汗で水やりできちゃいます 💦

そしてここ吉見は土が粘土質なので、土が固まると岩のようになります 笑

スコップも曲げてします驚異の固さ。

そんな岩に植えていると、手の皮が痛い痛い..💦

しかも畝と畝の間は毎年恒例の川 笑

 

川を歩くのにはそれなりの技術がいります😏

私は去年は抜けなくなって誰かにひっぱってもらうことがよくあったので、
今年はうまく歩けるようにがんばります!

ベンチの上にいちごを植える高設栽培ならこんな苦労はないんでしょうけれど、

吉見町は肥沃な粘土質の土壌がおいしいいちごを育んでくれるので、

横田農園ではあえて土耕にこだわって栽培してるんです。

実を言うと高設栽培に憧れる気持ちも少しありますが 笑

そんなことは言わずに
土耕がんばるぞー!
定植がんばるぞー!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA