今朝の農業新聞【農水省転作支援 低コスト化取り組み】

お!今年のコメ余りの状況を受けて来年の転作支援が発表されました。輸出・加工用米・麦・大豆・野菜・果樹 等々 10a  4万円の支援のようです、交付要件は、3項目以上の低コスト化に取り組む!です。直播・疎植・スマート農業 等々 またまた設備投資がついています。高性能機器を買える大規模農家は、米価が低くても所得が得られ、消費者価格の上昇は防げる、これなら税金を使う理解が得られそう!、設備投資できない農家はどうなるのかなあ・・・・・コメ余りなのに大規模農家に多収米を奨励しているのも疑問を感じています。海外との競争には必要と思うのですが、疑問を感じてしまいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です