新規就農の壁

今朝の農業新聞で農水省検討会で新規就農者には経営の知識が必要と掲載されていました、私も同感です。しかし、いきなり新規就農者が経営をできる訳は無く就農のハードルはかなり高い実態があります。普通に考えて経営者がそう簡単に育つ事は考えにくいです、やはり法人に就職し、そこで農業経営が学べる場が地域にある事が大事と思います。農業経営が学べる場所として当園が存在する価値は高いのかなと最近思います。今期は色々な経営ができるように社内を部門訳してチャレンジする事になりました、雇った新規就農者はまずは生産できる技術を身に着け、その後自分の部門を持つと言う方向に進みます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA